お気に入りを探しに… レトロで、モダンな雰囲気を感じる珉平焼

レトロで、モダンな雰囲気を感じる珉平焼

皆さまゴールデンウィークは満喫されてますか?

今日はレトロで、モダンな雰囲気を感じる珉平焼〈みんぺいやき〉をご紹介します。

珉平焼は江戸後期の文政年間(1818~30)、淡路島の南端、三原郡伊賀野村(現南あわじ市北阿万伊賀野)で賀集珉平〈かしゅうみんぺい〉が創始したやきものです。

京都の陶工尾形周平〈おがたしゅうへい〉を招き、京焼の色絵陶器技術とそのデザインを導入しました。天保年間後期(1838-44)頃には阿波徳島藩の御用窯になったとされています。

鮮やかな色使いはとても印象に残ります。

三彩皿:¥31,500-

三彩角皿:¥4,200-

千鳥型小皿:¥6,300-

陶器として使用してもいいですし、小皿にはアクセサリーなどを置いても素敵です。

ちょっと小粋なギフトとしてもオススメです。

全て1点物なので、まるで気分は宝探しのような感じです。

是非お気に入りを探しにお店にいらしてくださいね!

東京都港区南青山5-5-4 ルーチェ南青山A棟1F

TEL: 03-5468-0816

MAIL: info-o@16aout.com

OPEN: 11:00-20:00

image

本記事をかいたスタッフ自身が、ご希望商品のサイズや色目に関するご質問、お取りおき・来店予約まで個別に承ります。お気軽にご連絡くださいませ。

コメントしてみる

CATEGORY この記事のカテゴリ


TAGS この記事についたタグ

ABOUTこの記事をかいた人

teppei

ご自分に似合いそうなスタイルが見つかったら、イメージをお気軽にスタッフまでご相談ください♪    本ブログとストアのコンセプトづくり、UI設計、デザイン、開発を丸ごとお手伝いしました。